記事一覧

背割りと芯去り

ファイル 555-1.jpg

木造の柱に無垢材を使用するときは『背割り』材といって、乾燥収縮によるひび割れをしにくくするために、あらかじめ見えない一面に割れ目を作った材を使います。
ただ、独立柱のように柱の四面とも見えてくる場合、意匠上、好ましいとは言えません。

その時には『芯去り』材といって、木の芯でない部分を加工した材を使います。芯がない訳ですから幹の太い木からでないと取れないため、高価な材料でもあります。今回は書院の独立柱に使います。

写真の左が『背割り』材、右が『芯去り』材です。