上目黒の家(目黒区) 建築設計事例 シンプル・モダンな中尾英己建築設計事務所

東京都千代田区で個人住宅・集合住宅・保育園・幼稚園・修理工場等の設計を中心に設計活動を行っている設計事務所です。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・関東近県を中心に設計監理業務をしております。オープンオフィスで無料相談会実施中。

東京都千代田区神田神保町3-4-29 九段下SSTビル5F
tel.03-5216-3306 fax.03-5216-3307

works.jpg


WORKS   『上目黒の家』 

juutaku.jpgdwelling.jpgkids.jpgshop.jpgreform.jpg

banner.jpg

平成17年8月20日 TV東京系「住まいの極意」で放映されました

Ma-h-g01.jpg
Ma-h-g02.jpg
Ma-h-i01.jpg
entrance.gif
Ma-h-i08.jpg
Ma-h-i02.jpg
Ma-h-i11.jpg
Ma-h-i12.jpg
Ma-h-i13.jpg
Ma-h-i03.jpg
Ma-h-i04.jpg
living.gif
Ma-h-i15.jpg
Ma-h-i18.jpg
Ma-h-i14.jpg
Ma-h-i16.jpg
Ma-h-i17.jpg
Ma-h-i05.jpg
Ma-h-i26.jpg
Ma-h-i29.jpg
Ma-h-i30.jpg
Ma-h-i31.jpg

□設計期間        2004.04 - 2004.09
□工事期間        2004.11 - 2005.04
□用   途        個人住宅
□敷地概要
 ・敷   地        東京都目黒区
 ・敷地面積        91.92㎡(27.80坪)
 ・用途地域        第1種低層住居専用地域
 ・法定建蔽率/容積率 60%/150%
 ・防火地域        準防火地域
□計画概要
 ・建築面積         54.89㎡(16.60坪)
 ・延床面積        109.78㎡(33.20坪)
 ・建蔽率/容積率    59.71%/111.96%
 ・構造規模        木造・2F建
 ・最高高さ         8.43m

本計画地は目黒区に位置し、もともと一区画であった敷地を5区画に分けて新たにミニ開発として分譲された土地である。敷地は5区画の中で、南側が位置指定道路の行き止まりの部分にあたり、道路からの採光や通風や景観は他区画に比べある程度確保できる区画である。そこで家族のスペースを2階に配置し、主寝室・水廻り・ウォークインクローゼットは1階に計画した。また、家族構成は、夫婦+子供3人(5才、3才、1才)という構成であり、全体計画から検討すると、子供部屋を各室きちんと作ってしまうと家族のスペースを十分に確保することが難しい。そのため、家族のスペースに連続して将来の子供部屋を配置し、当面は家族のスペースとして使用できるように計画している。将来子供部屋が必要になった際は、壁から埋込の折れ戸を出して、空間を間仕切ることが可能である。また、敷地は都心の分譲地で近隣が建て込んでいるため、2階の床・ロフトの床をガラス床とすることにより、1階でもロフトに設けたトップライトの光が差し込むように計画している。さらに、床にガラスを採用したことが空間をより広がりのあるものとしている。

banner.jpg