高井戸の家(杉並区) 建築設計事例 シンプル・モダンな中尾英己建築設計事務所

東京都千代田区で個人住宅・集合住宅・保育園・幼稚園・修理工場等の設計を中心に設計活動を行っている設計事務所です。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・関東近県を中心に設計監理業務をしております。オープンオフィスで無料相談会実施中。

東京都千代田区神田神保町3-4-29 九段下SSTビル5F
tel.03-5216-3306 fax.03-5216-3307

works.jpg


WORKS   『高井戸の家』 

juutaku.jpgdwelling.jpgkids.jpgshop.jpgreform.jpg

banner.jpg

MODERN LIVING 2008年9月号 掲載
LiVES 2008年4・5月号 掲載

01 gaikan-01.jpg
02 gaikan-02.jpg
03 gaikan-03.jpg
04 gaikan-04.jpg
05 gaikan-05.jpg
06 kaidan.jpg
07 Roof.JPG
08 Entrance-01.jpg
09 Entrance-02.jpg
10 Living-01.jpg
11 Living-02.jpg
12 Living-03.jpg
17-living-animation.gif
13 Kaidan.jpg
15 Room-02.jpg
14 Room-01.jpg
18-space-a-animation.gif
19-bedRoom-animation.gif
16 Bath.JPG
DSC09578b.jpg
DSC09585b.jpg
DSC09552b.jpg
DSC09562b.jpg
DSC09539b.jpg

□設計期間        2005.05 - 2006.03
□工事期間        2006.07 - 2007.02
□用   途        二世帯住宅
□敷地概要
 ・敷   地        東京都杉並区
 ・敷地面積        266.63㎡(80.65坪)
 ・用途地域        第1種低層住居専用地域
 ・法定建蔽率/容積率 40%/80%
 ・防火地域        準防火地域
□計画概要
 ・建築面積        101.49㎡(30.70坪)
 ・延床面積        187.93㎡(56.84坪)
 ・建蔽率/容積率    38.06%/70.48%
 ・構造規模        木造・2F建(長屋形式)
 ・最高高さ         7.30m

本計画は閑静な住宅地に位置した既存住宅を子世帯の結婚を期に2世帯住宅に建て替えるという計画である。敷地は東側が幅員4mの前面道路で東西に長い形状である。庭には既存樹木が多くあり、前面道路反対側にもテニスコートの緑地帯が広がる緑豊かな敷地である。2世帯住宅は完全独立型の住居形態が施主の要望事項であった。そこで、前面道路側に子世帯、奥側に親世帯という長屋形式の住居形態の計画としている。各世帯は完全独立型の住居形態であるが、離れすぎないよう外部に共用の外玄関を設け、外玄関を通り、各玄関へ入る計画としている。この共用部分から庭への動線を確保し、その先には既存のしだれ桜を移植し、シンボルツリーとして両世帯の真ん中に配置した。しだれ桜は各世帯のバルコニーやデッキテラスから眺められるように計画している。建物の外形は矩形を基本として構成し、2世帯住宅ではあるが統一感を持たせている。子世帯の内部は将来店舗としての使用も視野に入れ、曲面を多用した間仕切りや家具で独特の空間構成を演出する計画としている。また、2階リビングからはテニスコートの緑地帯を借景として大きな嵌殺しの窓を計画し、この窓が外観により変化を与えている。親世帯の内部はシンプルな空間に細部まで詰めた造作家具を配置した空間構成とし、各世帯それぞれに特徴のある構成となっている。

banner.jpg